ヘルペス出血

ヘルペスの瘡蓋が切れて出血します。

 

ストレスが溜まったり生理の前とか抵抗力が落ちると私の口元に表れるやっかいなヘルペス。

 

私とヘルペスとはかれこれ40年近くのお付き合いです。

 

子供の頃、口の周りが瘡蓋(かさぶた)だらけになってよく病院行っていたのは、今、思うとあれはヘルペスだったと思います。

 

口の周りがむず痒くなるのがヘルペスの出来始めのサイン。

 

次の日にはぷっくりと水膨れ状態になっています。

 

今は、市販のヘルペスの薬でむず痒くなったら、すぐ塗ると酷くならなくて、治りが早いというのがあるのですが、私は、気が付くと出来てしまった後ばかり。

 

ヘルペスの塗り薬を塗っても、ほとんど効き目がないので、今度こそはと思うのです。

 

年に三回くらいはヘルペスに悩まされています。

 

若い頃は年に一回くらいしか出来なかったのが、40代後半になった今は、出来る回数が増えて来ました。

 

若くなく、ストレスも溜めやすく、抵抗力が弱くなったのかな?と感じます。

 

ヘルペスが出来て困るのはメイクが大変になる事です。

 

だいたい、口周りなので、唇の水疱が目立って、たらこ唇のようになってしまいます。

 

その為、口紅が綺麗に塗れません。

 

ファンデーションで隠しても綺麗になりません。

 

ある時は、鼻の下に出来た事があります。

 

最初はニキビというか、吹き出物と思いましたが、これはヘルペスだと気付きました。

 

これはまた大きな水疱になって赤いのですごく目立ってしまいました。

 

おまけに、すごく痛いのでした。

 

これが、人生の中で一番酷いヘルペスでした。

 

まだ、陰部とかに出来なくてよかったと思います。

 

あれは、痛いと言いますもんね。

 

あと、ヘルペスの治り始めと言うか、この水疱が破れて、水が出て更に、これが瘡蓋になるのですが、この、瘡蓋が一番厄介です。

 

口周りだと、しゃべったり笑ったりする度に瘡蓋が切れて出血するのです。

 

人前で気付かずにいるとめちゃくちゃ恥ずかしいです。

 

このヘルペスのウイルスとは一生付き合わないといけないようです。

 

予防法は、とにかくストレス溜めない事が一番でしょうかね。

このページの先頭へ戻る