口唇ヘルペス抗ヘルペスウイルス薬

口唇ヘルペスは抗ヘルペス薬で治療しています。

私が初めて口唇ヘルペスが発症したのは、38歳の時でした。

 

私はそれまで口唇ヘルペスという病気があることすら知りませんでした。

 

最初に口角の部分が赤っぽくなり、ブツブツと肌が荒れ始めた時は、どうせまたいつもの口角炎だろうと思っていました。

 

しばらくすればすぐ治ると放置していたのです。

 

しかし、口角の腫れやブツブツとした状態は全く治る気配がありませんでした。

 

それどころか、ブツブツとした水ぶくれが繰り返しできてはカサブタになる、という症状を繰り返すようになったのです。

 

それでもまだ、今回の口角炎はやけに治りが悪いなと思っていました。

 

しかし、口角炎にしては、ピリピリとした痛みがあったり、治りが悪かったりおかしいことには気づき始めていました。

 

その後、1ヶ月経ってもまだ治らる気配すらなく、それどころか徐々に患部が広がっていることに不安を感じ、さすがにこれは口角炎ではないと思いました。

 

そこで、ネットで調べてみたところ、口唇ヘルペスの症状にピッタリ合うことに気づきました。

 

口唇ヘルペスは、ウイルス感染の病気です。

 

口唇ヘルペスの治療法としては、皮膚科へ受診し、抗ヘルペスウイルス薬を処方してもらうことになります。

 

ただ、私はその時とても仕事が忙しい時期だったので、皮膚科へ受診する時間がありませんでした。

 

そこで、ネット通販を利用して、口唇ヘルペス用の治療薬を購入して試すことにしました。

 

本来は、皮膚科へ一度受診し診断してもらう必要がありましたが、仕方ありません。

 

届いたヘルペスの薬をすぐに塗り始めました。

 

ピリピリする時がウイルスが繁殖するサインのようなので、そのヘルペスの症状が出た時は塗るようにしました。

 

最初のうちは1日4回程塗っていましたが、徐々に症状が落ち着いてきたら、3回2回と塗る回数を減らしました。

 

ただ、治ったと思ってもまたすぐ再発すると聞いていたので、薬を全部使い切るまで塗り続けました。

 

おかげで、2週間程でヘルペスはすっかりキレイに治りました。

 

ただその後も1度だけ、風邪で体力が落ちた時など口唇ヘルペスの再発を経験しました。

 

その時は、すぐに口唇ヘルペスの薬を塗り始めたので、1週間程で治りました。

このページの先頭へ戻る