口唇ヘルペス飲み薬塗り薬

口唇ヘルペスで飲み薬や塗り薬を処方してもらいます

私は体があまり丈夫じゃなく、よく冬に体調を崩してしまいます。

 

冬の気温の変化で自律神経が乱れたり、冷えによって免疫力が落ちるせいだと思います。

 

だけど、どんなに冬が苦手だからといって仕事を休むわけにもいきません。

 

今、満員電車に乗って通勤しているのですが、どうしても空気が悪いので、風邪やインフルエンザをよくもらってきます。

 

そんなとき、本当に冬が嫌いになってしまい、外に出かけたくないくらいです。

 

ヘルペスも私の場合、冬に発症します。風邪の引きはじめや仕事が忙しく寝不足のときなどに、追い打ちをかけるように唇にヘルペスが出現します。

 

私のヘルペスは「熱のはな」とも呼ばれているもので、小さいときからそう呼んでいたので、これがヘルペスだと知ったのはつい最近のことです。

 

単純ヘルペスの1型で、口唇に発症しやすく、よくある症状だそうです。

 

ヘルペスになってしまったら、とてもテンションが下がります。

 

ただでさえ疲れているからペルぺスになっているのに、見た目もあまり良くないからです。

 

ヘルペスの患部は赤くてジュクジュクしているので、会う人会う人に「大丈夫?」と聞かれてしまいます。

 

熱のはなというくらいだから、お花みたいに赤くてそれだけ目立ってるということですよね。

 

痛みもチクチクとした感じで、患部が気になってしまいます。

 

掻いたり触ったりしたいときもありますが、唇の上あたりにできるので、跡に残るのだけは避けたいです。

 

どんなに忙しくても、すぐに行きつけの皮膚科に行き、飲み薬や軟膏をもらいます。

 

飲み薬や軟膏をもらって、2週間くらいしたら治っていることも多いですが、出来てしまったときは相当ショックです。

 

身体が休みたがっているんだなと考えて、病院に行った後はよく睡眠と栄養を取るように心がけています。

このページの先頭へ戻る