Mail集:海外から、被害報告への返信

公開日時: 2011年3月30日

海外教会からの祈り・応援メール集

―――第1回英文被害報告(3月14日)への返信

<アジア・太平洋>

l         台湾基督長老教会 ハンフリーズ総幹事秘書

天災の余波の中、即刻貴重な情報を送って頂き、有り難うございます。今後も継続してお送り下さるようお願いします。台湾基督教長老会(PTC)はすでに対応する委員会を立ち上げ、PTCのメンバーに対して祈りと義援金への呼びかけを始めています。台湾における私たちのこの働きに、貴方からの最新情報は大変役立ちます。

今、このとき、私たちは被災者や悲しんでいる家族たち、また救援の方々を覚え、ずっと祈っています。                  Carys(訳:西尾操)

l         ニュージーランド基督長老教会 ベイカー総幹事 (参照:別紙議長からのレター)

今、このとき、私たちの思いと祈りが皆様に届きますように。議長からの支援のレターを別添します。また、貴方の今回の働きに義援金をお送りしたいと思いますので、そちらの口座に関して折り返しお知らせ下さい。     Martin(訳:西尾操)

l         タイ基督教会            フチェラ総幹事補佐

お知らせ頂いた貴方の口座にできるだけ早く3,300 USドルをお送りすることをお伝えします。CCT Executive はCCA経由で同じ金額をJBUおよびNCCJに送付することを決定しました。このことがささやかながら、日本の被災者救援の働きに役立つことを願っています。 Rev. Sayamが、どのような苦難も神は益に変えて下さることを思い起こさせてくれました。神がこの危機の時日本基督教団を用い、その働きを通して人びとを神のもとに導かれるように祈っています。

私たちもみんなで祈っています。救援の働きのための義援金を更に調達したいと願っています。そのためにも上記のお金がどのように用いられるかをご報告いただけたら、本当に有意義です。                 Mike(訳:西尾操)

l         韓国基督教長老会 (PROK) クリスティー宣教師

教団(UCCJ)の状況に関して最新情報を下さったことを大変感謝します。Dr. Shinが今週はヨーロッパにいますので、私が代わって、お返事しています。ご報告は今回の惨事全体の一部だと思いますが、私たちには教団の兄弟姉妹がどうしておられるかを知ることが大変重要です。特にまだ行方不明の方々やその家族たち、また、愛するものが見つかるのを待っている、教会の方々のために私たちは続けて祈っています。

私たちはまた、慰安訪問と救援計画の大変な役目を担っておられる方々に神の御力と憐れみをお祈りしています。

PROKは、惨状が明らかになり再建について決断をする、これからの長い日々も教団と共にいるでしょう。弱き者の力であり、絶望している者の希望である神が、パートナー教会である教団を聖霊の力によってこれからの日々喜びと希望で満たして下さるように。    Catherine Christie, ecumenical co-worker from UCC with PROK

(訳:西尾操)

<欧州>

l         英国メソジスト教会     ピアース幹事

私たちに最新情報を送って下さり、感謝します。そこに記されている教会ために、また最悪の被災地を訪ねている石橋牧師、藤盛牧師、森田牧師、加藤牧師の安全とお働きのために祈っています。この天災で多くの被害を受けた人びとに対する働きに、また教団の教会の生活と活動に多額の金額が必要とされると思いますが、私たちは喜んで応えたいと思います。

なによりも、私たちは祈りの中で皆さまを覚え、教会の会衆みんなで昨日も日曜日も祈っています。メソジストの本部でも毎日チャペルで祈っています。

Steve Pearce(訳:西尾操)

l         東亜ドイツ伝道会 (DOAM) シュナイス理事

情報をありがとうございました。私たちのホームページに載せるつもりです。道家牧師が教団の全教会にEmailで情報を送って下さっているのなら、彼のリストに私のemail address も追加するように頼んで下さい。英文の情報も送っておられるなら、是非私にもお願いします。また、ホームページのために、できだけ多くの写真も欲しいです。                          Paul Schneiss(訳:西尾操)

l         ミッション21 グロス幹事

被災地の教団の教会に関する最新情報を有り難うございました。翻訳して私たちのwebsite に載せます。また、私たちには、その地方の教会に対する教団の調査・慰安訪問・救援の働きを支援すべく、スイスの教会によって捧げられた教団へのファンドをお送りする用意ができています。

今朝、福島の原子力発電所がますます危険な状況にあることを聞きました。私たちは日本の人びとに奮い立つ力が与えられますように常に祈っています。

Doris Grohs(訳:西尾操)

l         スイス・プロテスタント教会連盟 ヒュグリ幹事

情報を有り難うございました。本部のスタッフは非常に関心を持って日本からのニュースを見守っています。 災難の連続がすぐに終わり、福島に最悪のケースが起こらないことを願い、祈っています。 特に、地震と津波により直接被害を受けた人びとや子どもたちのために、そして被災地のキリストにある兄弟姉妹たちのために祈っています。

FSPOの会長(president)のRev. Dr.Gottfried Locher はすべてのメンバー教会に祈ることを求めました。 彼は「キリスト者は十字架上の主の苦しみを知っています。主は私たちの痛みを知っておられることも分かっています。連盟の協議会を代表して、本部は私たちの教会の救援組織と緊密に連絡をとりながら状況の展開を見守っています。聖霊の憐れみを願うと共に、日本の人びとが更なる援助を必要とするとき、私たちには応える用意があります。」と述べました。

Mathias Hügli(訳:西尾操)

<北米>

l         合同メソジスト教会 高等教育局(UMC GBHEM) ヤマダ幹事

教団の救援活動と被災教会の被害の最新情報を有り難うございました。 大規模の報道取材のテレビ放送を見て、影響がどれほど広範囲にわたっているかを知って衝撃を受けています。 継続して情報を送って下さい。日本の兄弟姉妹のことを覚え、毎日祈っています。

Ken Yamada / Special Assistant to the General Secretary(訳:西尾操)

 

l         カナダ合同教会               エルソン幹事

地震と津波に対応する教団の働きの最新情報を有り難うございました。 今しておられることを直接伺い、私たち、カナダ合同教会がその働きを支援するために何をしたらよいかをお聞かせ頂き、大変感謝しています。皆様を覚え、祈っています。私たちの教会がどのように援助できるかについて、より明確な、具体的な形が描かれましたら、すぐにお知らせ下さい。             Pat Elson(訳:西尾操)

l         アメリカ合衆国長老教会           朴サイモン宣教師

3月23日の午前中、または午後の早い時間にPCUSAとの可能なパ-トナーシップについて話し合うために、私と会って下さる方はいないでしょうか。 長老教会災害援助部はプログラムや資源の他に組織的な救援を提供することできると思います。     Simon(訳:西尾操)

l         合同メソジスト教会 世界宣教局(UMC GBGM) アセディオ幹事

皆様が今回最も必要とされているところに希望をもたらすよう努めておられるときに、私たちも祈りを共にしています。

合同メソジスト救援対策委員会(UMCOR)は貴方の口座にお送りする予定の10,000ドルの義援金に関して、すぐに連絡致します。 この義援金が用いられる最も緊急を要する人道的な必要を査定するのに、書式をお送りしますので、早急に記入して私たちに送り返して下さい。 このことで分からないことがあれば、遠慮なくお尋ねください。                      Rebecca Asedillo(訳:西尾操)

l         合同メソジスト教会 救援対策委員会 (UMCOR) クラッチフィード幹事

この委員会を代表して、私たちが皆様と日本に於いて展開している惨事の被災者のすべての方々と共にいることをお伝えします。皆様を覚え、祈っています。私たちの友であり、同僚のBecky Asedillo が上記に言っていますように、皆様が助けを必要とする者にキリスト者の行動を通して応えようとしているとき、私たちの支援の申し出をお受けくださるよう、心から願っています。

私たちの救援ファンドの査定のために記入して頂く書式を添付します。 通常お願いしているものです。 詳しいこと求めているのではなく、最初の10,0000ドルの義援金を貴方がどのように用いるかを示して頂きたいのです。記入に当たって、何かご質問があれば、遠慮なくお尋ねください。貴方の緊急の救援活動に対して速やかにファンドを調達したいと思います。   Melissa Crutchfield(訳:西尾操)

<アフリカ>

l         南アフリカ共和国 オランダ改革派教会  ガーバー総幹事

フィールドバックして下さり、感謝します。私たちの教会は教団を覚え、祈っています。 継続して連絡して下さい。      Dr. Kobus Gerber(訳:西尾操)

l         ジンバブエ合同教会       マテュイヒュニエ総会長

地震と津波による悲しいニュースの情報をお知らせ下さり、感謝します。大変不幸な展開で、私たちもテレビを通してどのような状況かを見守っています。この最も困窮の時、教会として私たちは皆様と共に祈っています。物的には分かち合えなくても、精神的に皆様と共にいて、被災者たちの即刻の復旧を祈っています。それと共に、日本全体がこの不時の事態を受け入れ対処するように、神が助けて下さることを願っています。

Rev Edward M. Matuvhunye President UCC(訳:西尾操)

<その他>

l         英国メソジスト教会 インターネット・サイト

英国世界宣教基金におけるメソジスト教会は、先週の破滅的な地震と津波の後、日本のパートナー教会のために訴えを始めました。

教団からの報告によると、8.9マグニチュードの地震があり、10,000人以上の行方不明者が出ており、被災した仙台地方の少なくとも36の教会が被害を受けたとのことです。

アジアと太平洋地域のメソジスト教会パートナーシップ・コーディネータのSteve Pearce は「この大災害の規模はとうてい理解不可能です。私たちの心はそこにいる兄弟姉妹のもとにあります。私たちの日本のミッション パートナーは無事ですが、彼らは北部や沿岸の知人たちを心配しています。教団の同労者たちに、英国とアイルランドのメソジスト教会の人びとは彼らのために祈っており、彼らの財政上の訴えに応えことを伝えています。」と語っています。

教団世界宣教委員会幹事の加藤誠牧師は「私たちが今まで経験したことのない大地震によせられた深い関心と励ましの祈りを真に感謝します。東京の教会は大丈夫でしたが、最もひどかった仙台の人たちとはいまだ連絡を取ることができません。どうぞ私たちのために祈り続けて下さい。」と語っています。

Melissa Crutchfield(訳:西尾操)

コメントは受け付けていません。