救援対策本部第14回会議

東日本大震災 日本基督教団救援対策本部 第14回会議 決議事項

日 時 2012年8月6日(月)午後1時30分~4時33分

会 場 教団会議室

出席者 委員 石橋秀雄、雲然俊美、北 紀吉、佐久間文雄、長崎哲夫、大村 栄、藤掛順一、稲松義人、

高橋和人

幹事 内藤留幸、藤盛勇紀、加藤 誠、大三島義孝、計良祐時、道家紀一、野村和正

欠席者 委員 岡本知之、嶋田順好、邑原宗男、秋山 徹

陪席者 飯塚拓也(関東教区副議長)、小宮山 剛(教師委員長)、飯島 信(救援対策担当幹事候補者)

開 会

Ⅰ.聖書 創世記1章21~22節  祈祷 石橋秀雄本部長

Ⅱ.議事日程承認の件

石橋本部長は別紙資料に基づいて議事を進めることを提案し、議場はこれを承認した。

Ⅲ.前回記録承認の件

別紙第13回会議(2012年6月29日開催)記録案を承認した。

議 事

Ⅰ.報告事項

1.募金関係報告

佐久間委員が、7月31日現在で、国内募金が3億8456万2600円、海外からの献金が2億2847万6685円となっていることを報告した。

2.救援対策室会議報告

長崎室長が別紙資料により、「会堂及び牧師館建築資金貸付申請書」記載内容の変更、石巻エマオ専従者選任(飯野久美子氏)、神奈川教区からの抗議への対応等を扱ったことを報告した。

3.教区報告

文書にて、奥羽、東北、関東の各教区からの報告を受けた。

Ⅱ.審議事項

1.救援対策担当幹事選出に関する件

飯島信教師を救援対策担当幹事とすることを承認し、第6回常任常議員会(9月7日)での承認を得た後、常議員会において報告承認とすることとした(任期は二年間)。また、加藤幹事との引き継ぎの期間を設けることを確認した。

2.救援対策室会議からの提案事項に関する件

(1)「会堂及び牧師館建築資金貸付申請書」の変更について

協議の後、変更事項を確定した。

なお、議場から、支援申請と貸付申請はセットで出されるべきものであるので、その手続きが遅くなることがないように教団として配慮すべきであるとの意見が出された。

(2) 「会堂及び牧師館建築資金貸付契約書」の変更について

協議の後、変更事項を確定した。

なお、議場から、全国募金が満たされた場合においてはできるだけ貸付金を支援金に回してほしいとの意見、また、そのことは全国募金の意欲にも影響すると思われるとの意見が出された。

3.会堂・牧師館再建復興支援に関する件

高橋和人東北教区議長が、別紙「第1回 東北教区 教会堂・牧師館再建・復興工事支援申請一覧(2012年8月2日現在)」に基づいて、8教会からの支援申請について説明し、協議の後、仙台ホサナ教会(教団からの支援金700万円、教団からの借入金700万円)と川俣教会(申請金額について、教団からの支援金2000万円を1500万円に、教団からの借入金500万円を1000万円に変更)への支援を決定し、その他は保留とすることとした。

なお、具体的な支援の実行にあたって、もう一度支援に関するルールを見直さなければならなくなったことから、長崎救援対策室長、佐久間財務担当委員、雲然書記で見直し案を検討することとした。

4.神奈川教区からの抗議に関する件

神奈川教区からの申請に関する救援対策室における検討内容を確認し、あらためて、保養キャンプなどの各教区からの申請については、主催は教団とし、教区が共催とすることや、教団と教区において事前に協議をすることが望ましいことなどを確認した。

その上で、神奈川教区からの抗議に関しては三役で対応することとした。

5.『東日本大震災救援対策本部ニュース』第6号発行の件

大村委員が、ニュース第6号を9月下旬に発行予定であることを報告し、内容としては、被災各教区における再建・復興の現状(トピカルな事柄)について各教区総会議長に執筆を依頼する(写真を付す)こととした。

6.「原子力に関する宗教者国際会議」に関する件

NCCから依頼があった、「原子力に関する宗教者国際会議」(2012年12月5~7日。会津若松ワシントンホテルにて。参加者80名)への教団の支援と参加呼びかけについては、本救援対策本部会議で扱うべき案件ではないことを確認した。

その上で、この件の扱いについては三役に一任することとした。

7.アジア学院からの支援依頼に関する件

アジア学院からの支援依頼については支援金が不足しているために正式な支援の決定ができないでいる状況を踏まえて、三役においてその対応について検討し、本救援対策本部会議に提案することとした。

Ⅲ.次回(第15回)会議開催予定

2012年8月24日(金)午後1時30分~5時、教団会議室にて開催する。

閉 会 祈祷 大村委員

※これは、教団救援対策本部会議の正式な議事録ということではありません。

コメントは受け付けていません。